ソフトウェア
 FormatFactoryの使い方

 TSファイルのエンコードにとても便利なのがFormatFactoryというフリーソフトです。
 FormatFactoryのダウンロードはhttp://www.pcfreetime.com/から。
 「download」 をたどっていけば自然とダウンロードできます。
 ダウンロードしたZIPファイルを解凍して、「FFSetupNoDVD3-1-1.exe」を実行すればインストールできます。言語は自動的に日本語が選択されるはずです。


 プログラムを実行し、まずカスタム設定を行います。AVIでエンコードするなら、「ビデオ>AVI」をクリックします。


 次に「出力設定」をクリックし、


 表示されるタイプの中から、エンコードで使用するコーデックと画面の大きさがあったものを選びます。(コーデックや画面の大きさは後から自由に変更できるので、適当に選んで構いません。)


 適当なタイプを選ぶと、プロファイル設定画面が現れるので、ビデオのビデオサイズ、ビットレート、FPS、アスペクト比、オーディオのサンプルレート、ビットレート、などを設定します。
 ビデオサイズは直接数字を入力することもできます。たとえば「960x540」とすることもできます。
 ビデオのビットレートは、いろいろと設定を変えて、好みのものを選ぶとよいでしょう。ビットレートを高くすれば、それに応じて画質が向上するというものでもないようです。
 FPSは、デフォルトまたは29.97を選びます。
 アスペクト比は、自動でもいいですが、トリミングするなら出力するファイルのアスペクト比、たとえば「16:9」を選ぶ必要があります。
 オーディオのサンプルレート、ビットレートは、適当に選んでも構いません。ただし、サンプルレートの異なるファイルは結合できないので、48000か44100のいずれかに統一しておいた方がいいでしょう。
 設定を終えたら、「名前を付けて保存」します。



  私は、次の2種類のカスタムを使っています。


 ビデオサイズが異なるだけです。ファイルサイズは、いずれも1分あたり8MBほど。画質は「1280x720」の方が少し良いです。エンコード時間は、「1280x720」で元のファイルの長さと同じくらい、つまり1時間ドラマなら1時間ほどで作業が完了します。一方、「960x540」は、その4分の3ぐらい、つまり1時間ドラマなら45分ほどで作業が完了します。
 教育テレビの番組は総体的に画質があまり良くないので、「960x540」でエンコードしています(「1280x720」でも差は出ないので)。一方、BSハイビジョンのように、高画質の場合は、「1280x720」でエンコードしています。


 カスタム設定をしておけば、エンコードしたいTSファイルを右クリックし、「プログラムから開く」でFormatFactoryを選択すれば、前回使用したカスタム設定が適応されるので、そのまま「OK」をクリックします。複数のカスタムを設定してある場合は、「設定」クリックすれば、好みのカスタムに変更することもできます。


 「OK」をクリックすれば、ソースや出力先が入力されるので、後は「開始」をクリックするだけです。出力先を変更するときは、「設定」をクリックして、出力先を変更します。そのとき、「ソースと同じフォルダに出力する」をチェックしておくと便利です。続けて複数のファイルをエンコードする場合は、「開始」の前に、「ビデオ>カスタム」クリックします。


 画面が変わったら、「ファイルを追加」をクリックし、追加するファイルを選びます。一度に複数のファイルを選ぶこともできます。ファイルを追加し、「OK」をクリックします。


 ソースが入力されたら、「開始」をクリックします。後は、自動的に次々にエンコードされます。


 トリミングするときは、「開始」の前に、トリミングするファイルを右クリックし、「設定」を選びます。


 設定画面が出たら、「クロップ」にチェックを入れ、赤枠を動かして調節します。キャプチャー画面では黒くなっていますが、実際はファイルの画面が表示されています。直接数字を入力することもできますが、計算が結構面倒です。
 ファイルをカットしたいときは、カットしたい画面をシークし、「開始時間」「終了時間」をクリックします。直接数字を入力することもできます。 
 これらの機能は微調整が難しく、使い勝手はよくありません。


 エンコードしたビデオを結合するときは、「拡張>ビデオ結合」をクリックします。

 「ファイル追加」で結合するフィルを選んで「OK」をクリックし、実行すれば結合されます。ただし、この機能は時間がかかりすぎたり、エラーしたりするので、あまり使い勝手はよくないようです。少し、手間はかかりますが、Avidemuxを使った方が確実です(AvidemuxでH264のカット編集・結合)。